スピリチュアルカウンセラーがあなたの魂や守護霊とコンタクトして、真実のメッセージをお伝えします。

090-7830-5063当日予約も可能です 年中無休

量子ヒーリング ユーザーズボイス


量子ヒーリングを受けられたみなさんの声をご紹介します。

お寄せいただきましたコメントは順次アップ予定です。これからも引き続き、ご意見ご感想をいただければ幸いです。掲載の際にはご連絡させていただきますので、よろしくお願いいたします。
※ご本人の承諾を得て掲載しています。


H・Mさん(53歳)
先日はどうもありがとうございました。
量子ヒーリングの時、「光が見えた」と申しましたが、その光はレースのカーテンがそよ風でふわりと揺れる様な、ろうそくの炎がユラユラ揺れる様な、そんな優しい光の波でした。そして、私がいつも重たるく不快に感じてた所がピンポイントでチリチリと温かくなりました。本当にすごいです!
そして、霊視していただいた今の家の事(えみこさん、事前に見取り図を持参するアドバイスありがとうございました)。ご指摘のありました事は、確かに心当たりあります。終の住み処のつもりでいたのに、ここ最近「ここにずっといるのはイヤ」と思う様になり、「あなたはわがままです」と言われる覚悟もしていましたが、伺って良かったです。
私もジョージさんと同じ磯野波平世代ですが、こんな事言うのは大変失礼ですが、ジョージさん、『お父さんみたい』と思ってしまいました。もちろん、父とは姿も声も全く違います。ジョージさんと話しているその空間が「ああ、昔こうしてお父さんと話したっけなあ…」と、とても懐かしい感覚になり、もう二度と会えないはずの父と話している様で、思わず目頭が熱くなってしまいました。父だなんてすいません。私も更年期真っ最中のオバサンなのでありました。
おふたりには、ただただ「すごいなあー」と感服するばかりで、自分がソファーに座るのさえおこがましく、穴でも掘って、目玉だけ出していたい気分だったのですが、色々とお話しをさせて頂き、ここの所ザワザワと落ち着かなかった気持ちの修正が出来ました。母の事も「やっぱりそうかあ…」と思い、これからは罪悪感なしに聞き流していこうと思います。「自分は自分でいい」という自分像に少しづつ近付けそうです。
今回の予約、私にしては「えいやっ」の行動でしたが、予約をした後相談内容をゆっくり考える時間がぽっかり出来、333の数字を良く見かけ、飛び乗った電車が乗り換えなしの国分寺行きだったと、サポートを受けたのかなあと思いました。
今後ともよろしくお願いいたします。
T・Hさん(55歳)
お世話になっております。土曜日はありがとうございました。
規定の時間を超えて対応して頂き、感謝致します。
早速ですが、翌日の日曜日から調子が良くなった様です。
今週4日の検査結果はわかりませんが、心臓のあたりが軽い様な、調子が良い感じです。(計っていませんが、心拍数が減ったような)
とりあえずご報告です。またご連絡致します。
よろしくお願い致します。
K・Sさん(42歳)
量子ヒーリングを受けましたK・Sと申します。
2回にわたりヒーリングをしていただき、本当にありがとうございました。
なんといってもジョージさんの、内部を透視しているかのような洞察?能力には、驚愕です。
最初のめまいのときは、脳の血流の悪さからきていることを指摘されました。
その時のジョージさんの説明は、思い当たる節がひしひしで、頭の中が読まれているようで赤面寸前でした。
2度目にめまいを起こしたとき、「整体にでもいって・・・それの悪い面がでてしまったかのような感じ」との言葉を聞いた折りには、唖然としてしまいました。全くその通りだったからです。
ヒーリングが始まると症状自体が和らぎ、体も楽になっていきました。ジョージさんの方はというと、全身から熱を放射しているかのようでした。
そして、ジョージさんは、他に異常がないか確認していたのかなと思うのですが、体を隅々まで見渡し、見通すような感じで、その目はとても鋭いものでした。
たぶん1人1人、それぞれの問題に真剣に丁寧に挑んでいるんだと思ったら、私は自分を大切にしなかったことが恥ずかしくなり、ヒーリングしていただいたことを無駄にしないようにしようと思いました。
原因もわかり、日頃の注意点や、対処方法も教えていただき、今は快適に過ごせています。
よしださんが翻訳されたアダム氏の本を参考にしながら、今は、自分でヒーリングにトライしている日々です。
それから、ご心配いただいた母ですが、入院に際し、したいようにし、全面的に自分の意志を貫き通しました。家族は半分あきれ顔で、「自分の好きにするんだから、術後、何があっても責任もってよ!」という態度で接しました。
当人は、覚悟の上ですべてをやり遂げ、あとは、天にお任せしていたんでしょう。ふたを開ければ、どれもが最善最適で、おかげさまで、本人の願っていた未来が引き寄せられ、叶った現実が用意されていました。
あらためて、今とは、これまでの積み重ねで、その波動が未来を創り上げていることを実感した私です。
またお世話になるかもしれませんが、そのときには、「またか」と懲りずにどうぞよろしくお願いいたします。
ジョージさん、よしださんのますますのご活躍をお祈りしています。
M・Tさん(14歳)
ジョージ様
よしだえみこ様
おはようございます。
昨日は量子ヒーリングをしていただきまして、本当にありがとうございました。
帰り道身体がとても軽くなったと感じました。
今朝もいつもより目覚めが良かったです。
ヒーリングをしていただいている時、少しの時間眠ってしまいました。
自転車に乗っていて倒れる夢を見て、身体がビクッとして起きました。
ヒーリング中は、面白い位手足がピクピクとなりました。
自分でもあれ?あれ?と思いながら、止まりませんでした。
また胃腸がぐるぐると動き音が鳴りました。
ヒーリングの部屋に入った途端、温かくて気持ちが良くなりました。
また行きたいとすぐ思いました。
たくさんのお話もしていただき、自分自身の事をもっと知りたくなりました。
今度は是非とも霊視カウンセリングに行きたいです。
もしよければですが、一つどうしてもしてみたかった質問があります。
『最後に何かありますか?』と言われた時、本当はすごく聞きたかったのですが、躊躇してしまいました。
帰り道『あーやっぱり聞いといたら良かったー!!』と後悔でいっぱいになりました。
あの、『ぼくのオーラって何色ですか?』
難しい事はよくわかっていますが、もしも可能でしたら、教えて下さい。
ジョージさんはとても優しくて、ぼくは一生懸命目を見て話を聞くように心がけたのですが、目の奥が透き通っていてとても深い輝きがありました。
想像していた感じとは全然違いました。
最後に握手をしてもらった時、手が大きくて柔らかくて、温かくて、とにかくすごいなあと思いました。
駅伝頑張ります。
本当にありがとうございました。
M・Tより
H・Mさん(51歳)
ジョージさん えみこさん こんにちは
先日は「量子ヒーリング」をして頂き、ありがとうございました。
一週間が経ちましたが、とても元気に過ごさせて頂いております。
量子ヒーリングはとても体力を消耗するのでしょうか?
私は目をつぶっていましたが、ジョージさんの体がとても熱く、今どの辺にいるのか熱でわかりました。
そのストーブの様なジョージさんがずっと私の頭の所におられるので、「ん?」と思いましたが、まさか脳に不具合があったとは全く思ってもいませんでした。
「考え過ぎる」のは自分でもわかっています。
私の周りには変な人だらけなので、人と接するのに余計すぎる気を使ってしまうからです。
「変な人」のレベルが桁はずれです。
これは、前回の霊視カウンセリングで私の宿命を知り、いろんな人がいる事を学ぶ為とはわかっていても、何もここまでの人を送り込まなくても…と嘆きたくなる事もしばしばで、でも「自分は自分で良い」事は忘れずに保ってはいるのですが、まだまだ力負けしている状態です。
その考え過ぎが血流の悪さにつながるとは、言われて「そうだったのか!」と思う始末です。
脳をヒーリングして頂き、しょっちゅう起こったたちくらみも、泥沼のような疲れもなくなりました。
おかしな表現をしますが、「脳があったかい」感じがします。
ジョージさんから「(量子ヒーリングを)受けてよかったね」と言われ、こちらこそ「やってもらってよかった」と日を追うごとに強く思っています。
重い病があるわけでもなかったので、申し込むのは心臓バクバクでしたが、それでもキャンセルをしたくなかったのは、私は「受けた方がいい」というメッセージを受け取ったのでしょうね、きっと。
鼻の方も、以前は空気を吸うと鼻の奥が痛く、ちょうどプールでうっかり鼻から水を吸い込むとキーンと痛くなる、あの感じがしたのですが、今はそんな不快感も痛みもなく、空気が吸えます。
「空気って、まろやかなんだな」と、うれしくなりました。
喘息も、気管がすぐキューッと狭くなるのが一生続いたら恐いなと思ってましたが、炎症を抑えて頂き、安心して過ごしています。
初めてオフィススピリット911を訪れたのは3年前。
あの頃の私はオデコに白い三角巾をつけたドヨ~ンとした幽霊みたいだったと思います。
数回の霊視カウンセリング、えみこさんのリコネクティブヒーリング、リコネクションのおかげで、私はオデコの白い三角巾をかなぐり捨てる事が出来ました。
そんな自分が遠い昔の様に思えます。
さあ、私は量子ヒーリングでエネルギーを整え、リコネクションを最強の味方につけ、「幸せに暮らしている将来の自分」に向かって歩いていこうと思います。
ヘタレな私の事ですから、その歩みはカタツムリの様にのろいかもしれません。
気がつけば50代と年を取りましたが、今からでも楽しく生きていこうと思います。
この度は本当にありがとうございました。
P.S. 思い切り余談ですが、えみこさんのお宅で今回ビビビッと来た事。それは「カーテンはこげ茶がいい」という事です。心安らぐあの窓辺を、ソファーに座ってずーっとながめていたいなぁ…と思ったら、ビビビッと来ました。只今、カーテンを探しております。

↑ PAGE TOP